2018年1月28日日曜日

当校でのビギナー科とプロ科でのレッスンの違い

こんにちは。GM Vocal Academyです!
1月もあっという間に終わり。寒さはまだまだ続きそうです。

今回は「当校でのビギナー科プロ科でのレッスンの違い」について。

当校のHPのコース紹介でもありますように、
当校ではビギナー思考の方と、プロ思考の方でコースを分けています。
これはプロになりたいかアマチュアで歌っていたいだけなのか、
その他、生徒さんがレッスンを受けたい目的は様々だからです。

しかし、歌がうまくなりたいと思ってるのは皆同じです。
当校では歌がうまくなるということは、
プロ(上手い人)がやってることに近づけることだと考えます。
よって、目的にかかわらず向かう先は同じです。

なのでビギナー科もプロ科も料金は同価格で設定しています。
当然、個人のレベルに合わせて内容は変えてあり、
ビギナーの人には発声の基礎から、
プロになりたい人には楽器の習得や、
作詞・作曲のチャレンジを薦めていますし、サポートも行ってます。
デモ音源制作、オリジナルCD制作も可能です。

生徒さんそれぞれの音楽に対する姿勢は一人一人違いますが、
その全てに柔軟に対応させていただきます。
どんな方でも確実に歌唱技術のレベルアップをお約束します。

体験レッスンの申し込み、この冬から徐々に増えてきています。
無料なので受けてみませんか?あなたの力になれます。

2018年1月19日金曜日

仮声帯(かせいたい)の有効活用

こんにちは。GM Vocal Academyです!
体験レッスンは完全無料で行っているので、気軽に来てみてください。
他とは違う、実際歌うのに生きるボイトレを行っています。

今回は「仮声帯(かせいたい)の有効活用」について。

現代の音楽にあった歌唱法では、仮声帯を有効活用します。

仮声帯とは呼吸や発声の際に
食物や飲料が気道に入らないようにする役割があり、
息の通りに圧をかけたり緩めたりすることが出来る場所でもあります。
声帯の上部にあります。

この息への圧の緩急が、発声の際に重要な役割を担います。
そのまま息を出しただけでは、
思ったように力をくわえることが出来ませんが、
仮声帯を利用し、息の出口を狭くすることで力を加えやすくなります。
同じ息 の量でも、より力強い発声ができるのです。

ホースで水を流すとき、そのままの状態と出口を絞った状態では、
同じ水の量でも絞ったほうが水は勢いよく出ます。
その差に似ています。

プロは特に意識することなく、
仮声帯を活用した発声法で歌唱しています。
そのほうが音程や言葉の変化をコントロールしやすいし、
高い声も出しやすくなるからです。

声楽寄りのレッスンではなく、現代の音楽にあった歌唱法を
理論と実践交えて教えています。
この冬で、貴方の歌唱力を上昇させましょう!

2018年1月13日土曜日

本能的に出る声

こんにちは。GM Vocal Academyです!
強い寒気の影響で、連日寒い日が続いています。
なれない雪で思わぬけがなどしないよう注意しましょう。

今回は「本能的に出る声」について。

心から歌う、歌に魂を乗せる...といったことをよく聞きます。
歌に感情を乗せることは非常に重要です。
しかし感情が乗せられる形で声を扱わないと
歌に感情を乗せることは出来ません。
出来てるつもりでも、うるさいだけだったり、
伝わらなかったりしてしまいます。

人間笑ったり泣いたりしているときの発声は、
意識して声を出していません。
例えば「笑って」といわれ、
普段のような笑い声が出せる人はあまりいません。
だいたいは、うそ臭い笑い方になってしまいます。

笑った時、泣いた時、怒った時、びっくりした時などに発せられる声は
本能的に自然に出てくる声です。
どれも体の重心の深い部分から声が出ており、
口先ではなく喉の奥の方で鳴っています。
笑いすぎてお腹が痛くなるのは、腹式発声の証拠です。
日本人は胸式で英語などは腹式などとよく言われてることですが
この「本能的に出る声」については言語を問わず、世界共通です。
つまり、言語に左右されないもっとも自然な発声です。

いくら感情を乗せて歌おうとしても、
発声自体が口先になってしまい不自然な状態での声では
言葉がうそ臭くなって、思いを伝えることは出来ません。

声楽よりの理論では、声楽的な発声しかできず、
それは現代の音楽にあった歌唱法とは言えません。
当校のレッスンを一度体験してみてください。

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2018年1月5日金曜日

声楽教室と当校の違い

こんにちは。GM Vocal Academyです!
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2018年、当校でボイトレ、始めてみませんか?

今回は「声楽教室と当校の違い」について。

当校は声楽教室ではありません。
一般的にボイストレーニングを行っている教室の中には
音大で習うような声楽のカリキュラムでレッスンを行ってる教室も多くあります。
もちろんそれは悪い事ではありません。
むしろクラシックやオペラの曲などを歌いたいのであれば
当校よりそういった教室のほうが良いと思います。

ただ、ロックやソウル、ポップスなど今現在主流となってる音楽は
明らかにオペラなどとは違う発声法、歌唱法で歌われています。

声楽で学んだ知識が全ての音楽に当てはまるわけではありません。
例えば、ロックギターを弾くために、必ずしもクラシックギターから始めなければいけないわけではないのと同じことだと思います。

17世紀頃に歌われていた歌を継承し守って行くことは、
一方ではとても大切なことだと思いますが
音楽の世界も日々進化しています。
今現在の歌を歌いたいのであれば、今の発声法、歌唱法、リズム感覚などを習得していく事が近道ではないかと考えます。

貴方のやりたい音楽が、クラシックやオペラなどなら声楽を。
そうではないのなら是非1度当校の体験レッスンに!
プロシンガーの歌い方、伝授します。

Template Design: © 2007 Envy Inc.