2017年9月30日土曜日

よく頂く質問への回答

こんにちは。GM Vocal Academyです。
上半期もあっという間におわり、明日から十月です。
今年度の経過は順調ですか?

今回は「よく頂く質問への回答」についてまとめてみました。
HPでは体験レッスンの申し込みと共に、
簡単な質問も受け付けています。お気軽にどうぞ。

Q:声楽教室ではないと書いてありますが、どこがどう違うのですか?

A:当スクールでは現代の音楽にあった歌唱法をレッスンしています。
クラシカルなオペラなど声楽の歌唱法と
現代の音楽では基本的な発声法に類似点があるとしても
歌唱法自体は全く違います。
今現在積極的に活動している講師が、
生きている今の音楽を歌えるレッスンを実施してます。

Q:具体的にどういったレッスンを行っていますか?

A:腹式の呼吸法から始まり、発声練習、リズム練習、滑舌の練習等の
基本トレーニングに加え
プロ用の音楽ソフト、録音機材を導入していますので
擬似レコーディング等を行い、
生徒さんの歌のどこをどう改善すべきかについて
データによる解析なども行っています。
また、当校では楽器,DTMレッスンも要相談で承ってます。

Q:中学生ですが、受講可能ですか?

A:未成年の方は保護者の同意を頂いています。
ちなみに現時点で中学生から40代の方まで、
幅広い層の生徒さんが受講してくださっています。

Q:音楽のジャンルに制限はありますか?

A:ジャンルによる制限はありません。
現代の音楽における歌唱法は、
基本的にジャンルによって変わるものではありません。
その分野の著名のアーティストを参照し、
解析、解説し、レッスンを行っています。

Q:レッスン受講にかかる料金はどういう仕組みですか?

A:当スクールは、コースごとの月額料金以外は頂いていません。
体験レッスンは無料ですし、入会金もありません。
もちろん教材などの購入もありません。

Q:コースの変更などは、どういった手続きが必要ですか?

A:数の変更などは、事前に連絡をいただければ柔軟に対応します。
生徒さんそれぞれの事情は、配慮させていただいてます。
県外から通われている方もいらっしゃいます。

様々な人が受講しています。少しでも迷っているならまずは体験レッスンを。
何かを始めるに遅すぎることはありませんが、
早いに越したことないですよ!

2017年9月22日金曜日

歌唱時に使う筋肉

こんにちは。GM Vocal Academyです!
いつの間にかすっかり秋ですね。
1年で一番動きやすい季節。活動的に行きましょう!

今回は「歌唱時に使う筋肉」について。

しっかり力の入った歌声を出すためには重心を低く、
体全体で歌う必要があります。
筋肉としては、体を支える役割の腹筋、背筋を主に使います。

ジムなどに通えば、背筋腹筋それ自体は鍛えることが出来ますが、
筋肉をつけたからと言って歌がうまくなるわけではありません。
もちろん健康のため、体系維持のためなどで身体を鍛えることは
強くおすすめします。

しかし、歌う際に使われる筋肉はどんな人でも
すでに備わっています。
たとえば、赤ん坊程度の筋力であんなに大きな声が出せるのは
なぜでしょう?
これは特に意識することなく
自然とバランスよく効率よく力を使えているからです。

意識して声出そうとすると余計なところに力が入ってしまい、
効率よく力を使うことが出来ません。
人間は無意識のうちに出来てることがあっても
意識してしまうとうまく出来ないことがよくあります。

つまり、意識下にあってもバランスよく効率よく力を使う
トレーニングが必要となります。
筋力を付けたからと言ってそれが出来るわけではありません。

プロのように歌うためには、
それにあったトレーニングが必要です。
理にかなった練習法を教えます!是非体験レッスンに!

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2017年9月16日土曜日

定期的な練習

こんにちは。GM Vocal Academyです!
明日、大型台風で西日本は大荒れの模様です。
室内で発声練習するのもいいかもしれないですね!

今回は「定期的な練習」について。

「どのくらいの期間で上手くなりますか?
どのくらいの期間やればレッスン内容を全てこなせますか?」
こういった質問を頂くことがあります。

結論を言うと、当校はレッスンに明確な期間を設けていません。
歌うことに対して、練習すべき事柄は多すぎて
期間など決められません。

しかし、一回のレッスンで格段に成長できる方もいらっしゃいます。
歌うにはコツというものが存在しますので、
それを理解できればいいのです。

ただ理解できて実践できたとしても
それを身に付けるとなると、やはり反復練習が必要です。
その習得速度は個人差もあります。飲み込みの速さ、練習量等。
そして、ちゃんと習得できたつもりでも、忘れてしまうのが人間です。
定期的に練習することで状態を整え維持することが重要なのです。

これは、多くのプロのシンガーも実際やっていることです。
声のメンテナンスのためや歌のクオリティを下げないために、
コーチや専属のトレーナーが付いています。

歌以外の世界でイメージすると分かりやすいかもしれません。
例えばスポーツ選手。
野球だと、バッティング、ピッチングのコーチが必ず存在しています。
メディカルコーチ、メンタルコーチなども存在しますね。

貴方の歌の安定性を、当校で保証します。
少しずつやれば誰でも確実に上手くなる。正しい上達法教えます!

2017年9月10日日曜日

リズムで歌う

こんにちは。GM Vocal Academyです!
夏から秋。季節の変化を感じます。動きやすい時期になってきました。
夏できなかったこと。今からでも始めてみませんか?

今回は「リズムで歌う」について。

世界中の多くのすばらしいシンガーたちと
アマチュアの方々とでは、歌唱において明確な違いがあります。
歌=音楽である以上リズムの気持ち良さは必須です。
気持ちよい歌はリズムで歌われてます。
そこに気付かず、
メロディーで歌ってしまっているケースを多く見かけます。

メロディが合っている、音程を合わせることはもちろん重要ですが、
メロディや音程が合っていることがだけがいい歌の条件では
ありません。

分かりやすいところでカラオケのガイドメロディがあります。
慣れるまでは音程を合わせるため、ガイドメロディを参考にするのは
間違ったことではありません。

ただ、ガイドメロディに慣れすぎて
そのタイミングにあわせて音を出すようになると、
リズムが単調になってしまいます。
また、ゴースト音や経過音、破裂音などを含まなくなってしまうため
言葉自体も単調になり説得力がありませんし
言葉自体の持つリズムを無視してしまうことにもなります。

ガイドメロディを参考にしすぎるのは、
歌の練習において全くオススメできません。
すごく乱暴な言い方をするとカラオケで100点を取るような
歌は歌とはいえません。

メロディの中にあるリズムを感じて、リズムで歌えるようになれば
気持ちよい歌に近づけます。
百聞は一見にしかず。実感できる体験レッスン。無料です!

2017年9月2日土曜日

動物に学ぶ発声法 ~ネコ編~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
少しずつ涼しくなってきましたね!
暑さでサボっていた方は、盛り返していきましょう!

今回は「動物に学ぶ発声 ~ネコ編~」について。

全ての動物は、当然のことながら言語に頼らない発声をしているので、
発声という面で参考に出来ます。

今回はネコ。動画で見てみましょう。
ネコの鳴き声は歌唱法でいうと、
特に「ミックスボイス」の参考になります。
"ミックスボイス"という言葉の定義はさまざまですが
ココでは単純に地声と裏声の融合された発声という意味で用います。

ミックスボイスの基本は裏声にあります。
裏声から地声に変化していく過程で、
裏声と地声の要素がミックスされます。
裏声から出発することで、
口先ではなく口の奥の方で声が出来上がります。
その事により口は大きく開くことにもなります。
ネコの声は口先ではなく口の奥の方で鳴ってるのがわかると思います。

机上の空論ではなく、人の心に響く歌を。
自信があります。是非一度体験レッスンに!

Template Design: © 2007 Envy Inc.