2017年7月29日土曜日

自然な発声(シャウト) ~ライオン編~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
激しい暑さです。
ライブで盛り上がりすぎて、熱中症などならないように!

今回は「自然な発声(シャウト) ~ライオン編~」について。

人間は動物と違い言語を扱っています。
ゆえに言語に頼って発声しがちです。
言葉に頼って口先の発声になってしまい
本来の発声が出来なくなってしまいます。

その点、動物には言語がないので
人間以外の動物は言語に頼らない発声法で声を出しています。
そのことで最も自然な発声と言えます。
体の構造上、哺乳類が主ですが発声という面で
動物の発声は、とても参考になります。

今回はライオンです。動画で見てみましょう。


ライオンの鳴き声は歌唱法で言うと、シャウトに近いです。
特に30~38秒あたりが分かりやすいと思うのですが、
口先だけでなく、全身を使って声を出しています。

動画ですし、さらには動物園ですのでかなり距離があるのですが、
それでもこれだけの迫力のあるシャウトが聞けます。
基本的な声帯の構造は人間とほぼ同じです。
ただ、人間のように言語が扱えるか否かだけの違いです。
つまり発声法を鍛えれば、
このレベルのシャウトが人間でも可能なのです。

プロの歌声が人を惹き付けるのには理由があります。
この夏、あなたもプロの歌声を身につけませんか?
あなたの歌が変わります!変えてみせます!

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2017年7月23日日曜日

腹式呼吸について

こんにちは。GM Vocal Academyです!
学生の皆様は夏休みですかね。
自由な時間を有意義に過ごしましょう!

今回は「腹式呼吸について」。

歌う上で、腹式呼吸は必須です。
腹式呼吸はコツさえつかめば誰にでも出来ます。
基本知識を抑えていきましょう。

腹式と胸式の違いを簡単に説明します。
肺に空気が入るのは腹式呼吸も胸式呼吸も同じです。
呼吸をする時は肺を動かしていますが
肺自体には筋肉がないので、周りの筋肉で肺を動かします。
その時にどの筋肉を使うかの違いです。

胸式は肩や胸まわりの筋肉を使います。
呼吸するときに肩が上下し、吸った時には胸が膨らみます。
(腹式でも多少は動きますが力の中心が肩ではありません)
胸周りの筋肉を使うので、呼吸として浅いのが特徴です。

腹式は横隔膜の上下で肺を動かします。
吸った時に横隔膜が下がって
胃や腸などの臓器が押されて出てくるので
お腹や腰周りが膨らみます。
なのでお腹や腰周りに空気を入れてるようなイメージです。
実際は肺に入ります。

腹式呼吸で息を吐く、横隔膜を持ち上げる際に使う筋肉は
主に腹直筋です。
腹直筋を支えるための背筋、腹斜筋の力も必要となります。
体全体を支える腹筋・背筋の力を使うので、
力の中心が下半身寄りになり低く、深い呼吸が可能となります。

歌唱には全身を使います。上ずった歌では心に響きません。
深い呼吸で歌えることであなたの歌は確実に進化します。
休みの間に時間があれば、是非一度体験レッスンに!

2017年7月14日金曜日

楽器習得

こんにちは!GM Vocal Academyです。
暑い夏がやってきましたね!フェスの時期でもあります。
今年はどこのフェスに行きますか?

今回は「楽器習得」について。

歌が上手くなるには、ボイストレーニングなどの歌に関するレッスンが必要ですが、その他に何らかの楽器習得をオススメしています。
楽器を習得することで、歌を歌う上で非常に有利に働く感覚が身に付くからです。

楽器を演奏する際の楽譜は、音感やリズム感に直結する、
音程やリズムを目に見える形で記載されてます。
楽器を扱うほうが、ただ単純に歌を歌うだけより、
音程やリズム感などに対する意識が強くなるのです。

さらに楽器を始めると、誰かと一緒に演奏する楽しみや、
自分にあった楽器を選ぶ楽しみなど、
より音楽を楽しむ事が出来るという意味でもオススメです。
歌うこととあわせて、生涯の趣味にすることが出来ます。

何かを始めるのに遅すぎることはありません。
少しでも楽器に興味を持ったら、
何でもいいので始めてみることをオススメします。

当校では楽器のレッスンも可能です。
音楽に興味があるけど、何から始めたらいいのか迷ってる方も一度体験レッスンに。
あなたが大舞台に立つための力になります!

2017年7月8日土曜日

声楽教室と当校の違い

こんにちは。GM Vocal Academyです!
九州豪雨。9日も雨の予想でまだまだ安心できません。
一刻も早くいつもの生活に戻れるよう、祈っています。

今回は「声楽教室と当校の違い」について。

当校は声楽教室ではありません。
一般的にボイストレーニングを行っている教室の中には
音大で習うような声楽のカリキュラムでレッスンを行ってる教室も多くあります。
もちろんそれは悪い事ではありません。
むしろクラシックやオペラの曲などを歌いたいのであれば
当校よりそういった教室のほうが良いと思います。

ただ、ロックやソウル、ポップスなど今現在主流となってる音楽は
明らかにオペラなどとは違う発声法、歌唱法で歌われています。

声楽で学んだ知識が全ての音楽に当てはまるわけではありません。
例えば、ロックギターを弾くために、必ずしもクラシックギターから始めなければいけないわけではないのと同じことだと思います。

17世紀頃に歌われていた歌を継承し守って行くことは、
一方ではとても大切なことだと思いますが
音楽の世界も日々進化しています。
今現在の歌を歌いたいのであれば、今の発声法、歌唱法、リズム感覚などを習得していく事が近道ではないかと考えます。

貴方のやりたい音楽が、クラシックやオペラなどなら声楽を。
そうではないのなら是非1度当校の体験レッスンに!
プロシンガーの歌い方、伝授します。

2017年7月2日日曜日

仮声帯(かせいたい)の有効活用

こんにちは。GM Vocal Academyです!
この一週間で一気に暑くなりました。だらけず活動的に動きましょう!

今回は「仮声帯(かせいたい)の有効活用」について。

現代の音楽にあった歌唱法では、仮声帯を有効活用します。

仮声帯とは呼吸や発声の際に
食物や飲料が気道に入らないようにする役割があり、
息の通りに圧をかけたり緩めたりすることが出来る場所でもあります。
声帯の上部にあります。

この息への圧の緩急が、発声の際に重要な役割を担います。
そのまま息を出しただけでは、
思ったように力をくわえることが出来ませんが、
仮声帯を利用し、息の出口を狭くすることで力を加えやすくなります。
同じ息 の量でも、より力強い発声ができるのです。

ホースで水を流すとき、そのままの状態と出口を絞った状態では、
同じ水の量でも絞ったほうが水は勢いよく出ます。
その差に似ています。

プロは特に意識することなく、
仮声帯を活用した発声法で歌唱しています。
そのほうが音程や言葉の変化をコントロールしやすいし、
高い声も出しやすくなるからです。

声楽寄りのレッスンではなく、現代の音楽にあった歌唱法を
理論と実践交えて教えています。
この夏で、貴方の歌唱力を上昇させましょう!

Template Design: © 2007 Envy Inc.