2017年5月28日日曜日

ノリよく歌うための言葉の扱い方

こんにちは。GM Vocal Academyです!
一気に熱くなり、もう昼間はもう半袖でも出歩けますね。
まだ梅雨のジメジメも感じない、いい季節です。

今回は「ノリよく歌うための言葉の扱い方」について。

以前の記事で、
何も考えず「あ」で発声すると、日本語的に「あ」と言ってしまい、呼吸が胸式になる。日本語的に「あ 」と言葉にしてはダメ。言葉にしない状態での「あいうえお」もしくは英語的な「ah e woo ye oh」での発声が必要。
と書きました。少し掘り下げます。

普通に言った「あいうえお」と、
この「ah e woo ye oh」を実際に発声してみてください。
日本語と英語の、単語の抑揚の付き方の違いがわかると思います。
日本語はどちらかというと平坦、もしくは語尾が下がるイメージです。
それに対し英語は語尾が上がるイメージです。

この発声で語尾が上がるというのが重要です。
言葉が下から上がってくるので
リズムが跳ねてきます。
また、溜め、下半身の支え...等の話に繋がります。
音ごとに言葉が細かく下から上がることでそれがリズムを生み、
気持ちよい音楽になるのです。

歌唱力の上昇に直結したレッスンを行います。
他校を受けたことがある人でも、是非一度当校で。
貴方の歌が変わります。変えてみせます!

2017年5月19日金曜日

動物に学ぶ発声法 ~ヤギ編~

こんにちは。GM Vocal Academyです。
しばらく連休もないことから、憂鬱になっていませんか?
時間があるなら、貴方の歌唱力、上達させましょう!

今回は動物に学ぶ発声法 ~ヤギ編~について。

動物は言語に頼らない発声をしているので、
発声という面で参考に出来ることが多いのです。
今回はヤギ。動画を見てみましょう。



ヤギの鳴き声は地声(チェストボイス)の参考になります。
音が高いわけでもないのに、声が出ている位置の高さを感じると思います。喉上部への張り付きが出来ています。

試しにこの声を出すようにそのまま真似してみてください。
なかなかこういった声は出せないのではないでしょうか?
動画をよく見て頂くと分かるのですが、
声を出す時に下腹部に力をギュッと入れて腰で踏ん張っています。

人間の場合も同じです。
腹筋背筋を使って腹の下から持ち上げるようにして声を出し、
なおかつ喉上部への声の貼り付きが出来ないと、
このように通る声は出せません。
体全身を使って音を出すことにより、通る声が出せるのです。

声色が特殊なので面白動画として少し知名度がある動画ですが、
こういった観点から見ると別の意味で面白いです。

現代の音楽を解明し、生きるボイトレを行っています。
少しでも気になった方は、是非体験レッスンへ!

2017年5月14日日曜日

日本語での発声の注意点

こんにちは。GM Vocal Academyです!
晴れ間にのぞく太陽は、もう夏を感じさせますね。

今回は「日本語での発声の注意点」について。

歌の発声の際、腹式呼吸を用いるのは大前提ですが、
日本語詞の歌唱の場合、胸式呼吸で発声してしまう人が多いです。
これはそもそも日本語が胸式の言語だからです。
(日本人でも話してるkeyが低い人などは複式になってます。)

反対に英語の場合は基本的に腹式呼吸で発音してます。
これも英語が、腹式呼吸で発声する言語だからです。
(だからと言って英語を話す人がみんな歌がうまいわけではありません。英語圏でも歌が下手な人は、胸式になってしまいがちです。)

では日本語の歌唱はどうすればいいか?
具体的に発声練習時の注意点を説明します。
例えば何も考えず「あ」で発声すると、
日本語的に「あ」と言ってしまい、
呼吸が胸式になってしまいます。
難しいかもしれませんが、
日本語的に「あ 」と言葉にしてはダメです。

イメージすべきは、言葉にしない状態での「あいうえお」、
もしくは英語的な「ah e woo ye oh」です。
子音が入っても伸ばすのは母音になるので、基本は母音での発声です。

日本語そのものが胸式の場合が多いので、そのままでは発声しない。
その辺、意識してみると腹式呼吸を利用した発声に近づきます。

様々なアプローチで、現代の音楽を解析しレッスンに役立てています。
貴方の歌はまだまだ上達できます。お気軽にお問い合わせください!

2017年5月7日日曜日

3連的感覚

こんばんは。GM Vocal Academyです!
ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。
有意義な連休を過ごせましたか?

今回は「3連的感覚」について。

4分音符8分音符16分音符の中に潜む3連的感覚は
プロなら絶対に身に付いてるか無意識で習得していますが、
なかなか理解して歌唱している方を見かけません。

まず大きな話で、人間という生き物は12ヶ月、30日、60秒等々、
3という感覚を無意識に感じて生きています。

それが音楽では顕著に現れ、
良い評価を受けている音楽ならどんなものでも、
3が潜んでいるといっても過言ではありません。
3連と言った方が伝わるかもしれません。
3拍ではありません。

例えばブルースハープ、ドラムのフィル、大体のギターソロ等の
フレーズは、3連的感覚が軸になって構成されています。
音楽に詳しい方ならこれらの共通点が伝わると思います。
グルーブという感覚も4と3の分離とも言えます。

3連を含んでいない音楽は、立体的ではないので 、
音楽としては上っ面な印象を受けてしまいます。
朗読、シンプルな童謡などに近い、
リズムというより読み上げているだけの印象になってしまいます。

プロが当たり前のようにやっていることを分析し、
どのような練習が必要か解説していきます。
ご興味を持たれた方は是非無料体験レッスンへ!
Template Design: © 2007 Envy Inc.