2017年4月30日日曜日

意味のある発声練習

こんにちは!GM Vocal Academyです。
せっかくの連休。何も予定がなくだらだらしていませんか?
体験レッスンまだまだお待ちしています!

今回は「意味のある発声練習」について。

ピアノの鍵盤を叩いて
「あーあーあーあ」や「まーまーまーま」
といったスケール移動での発声練習は、
当校を含め大体のスクールで行われています。

この発声法、練習として間違っているというわけではないのですが、
実際歌うときに、この発声では歌ってないというのもまた事実です。
喉を開いていく発声練習としてはもちろん必要ですが、
スケールでの発声練習で歌がうまくなるわけではありません。
(声は出やすくなりますがうまさとは、また違う話です)

では具体的にどういった発声練習をすればよいか?
それは
「あ」で行う場合は
「息をはく」→「ん」が手前にあって最後に「あ」
最初から「あ」と言おうとしてしまうと
平たんで深みのない声になってしまいます。

重たいものを持ち上げる時など「ふん」というふうに
踏ん張ると思いますが、それと同じ形です。

結果、複式呼吸になり腰でしっかり支えた状態で
息を吐き、「ん」を通ることにより
仮声帯で圧縮してから「あ」が出てくることになります。
さらに一音一音にリズムが生まれます。

この発声の形を習得することで、深みのある声でノリよく
歌うことに繋がっていきます。

ただただ声を出せば上手くなるという単純なものではありません。
せっかく練習するなら、意味のある練習をしましょう。

歌が上手いにこした事はありません。
まずは体験レッスンへ。貴方の歌の確実なレベルアップを約束します。

2017年4月22日土曜日

声の張り付き

こんにちは。GM Vocal Academyです!
もうすぐゴールデンウィーク。体験レッスンお待ちしています!
貴方の歌のレベルアップをお約束します!

今回は「声の張り付き」について。

歌の上手さが感じられない原因の一つに、
声の出る位置が口先だけになっていることが上げられます。
口先だけで歌っていると上っ面だけの印象が強くなり、
リズムも不安定、奥行きも深みも無い歌になってしまいます。

歌の上手い方の動画、もしくは音声だけでもよく聞いてみて下さい。
優れた歌手の場合、声の響く位置が口の奥に感じ取れます。
さらに、その響きを口先ではなく、
口より上の位置から外に出しています。
よって声が喉の奥の方に「張り付いてる」ように感じられ、
口先からまっすぐには出てきません。

これは声帯の上部にある仮声帯で声の出口に圧をかけて
圧縮してから声にしていることにより起こります。

ロック、ソウル、ブルース、ポップスなどの現代の音楽では、
すべてにこの「張り付き」が起こっています。
このことにより、エッジの効いた鋭い声を出すことも出来ますし、
息を混ぜることで柔らかく出すことも出来るのです。

なんとなくの理論ではレッスンしていません。
確実に上達するレッスンのみ行っています。
気になった方は是非一度体験レッスンに!

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2017年4月14日金曜日

動物に学ぶ発声法 ~オオカミ編~

こんにちは。GM Vocal Academyです!
4月からの新しい環境には慣れましたか?
自分の人生。好きなことをやっていきましょう!

今回は「動物に学ぶ発声法 ~オオカミ編~」について。

多くの動物は歌唱の参考になる素晴らしい発声をしています。
オオカミの発声もそんな動物の一つ。早速動画を見てみましょう。



オオカミの鳴き声は発声法で言うと、
「ファルセット」の参考になります。

ここでいうファルセットは、単純に地声との対義語として捕らえて下さい。オオカミの鳴き声は、遠くまでよく響いています。
これが理想的なファルセットです。
35秒あたりから2匹目も鳴き始めて、ちょうど低音と高音になってます。歌唱として応用できれば、遠くまで通る透き通った声になります。

ファルセットの出し方でよく見かける間違いとしては
口や喉の力で引っ張り上げて無理矢理高い声を出してしまいます。
結果、口の周り、もしくは口の中でしか声が響きません。
オオカミの動画を見て、音の出てる位置を探ってみると、
口っぽさは皆無で、喉からではなく、目より上の高い位置から出ています。このぐらい声が上の方で響いてくるのが理想です。
身体の使い方としても喉の力だけではなく、
しっかり腰で踏ん張れてます。

机上の空論ではなく、実際の歌唱に役立つテクニックを教えています。
少しでも気になった方は是非無料体験レッスンへ!

2017年4月9日日曜日

資料だけの学習では足りない

こんにちは。GM Vocal Academyです!
本気で歌の上達を考ている方。貴方の歌は必ず上達します。
この春、当校でのレッスンを始めてみませんか?

今回は「資料だけの学習では足りない」ということについて。

今の時代、本やDVD、ネットの動画など
ボイストレーニングについて述べられてるものが多々あり、
それは誰にでも簡単に手にとる事が出来ます。

知識だけならそこで得ることは可能でしょう。
ならば、わざわざスクールに通ってまで、
教えてもらう必要はあるのでしょうか?

まず、その本などの良し悪しが分かりづらいのです。
それが正しいのか間違ってるのかの判断は
難しいのではないでしょうか?
悲しいことですが、明らかに間違ってる本や動画を多々見かけます。

それと、
世に出回っている理論の大部分は声楽寄りの考え方のものです。
クラシックやオペラなどあくびのような喉を開いたまま
輪郭の大きな声で歌いたい方は、
声楽寄りの知識でよいかと思いますが
ロック、ソウル、ブルース、ポップス等の現代の音楽は、
声楽とは発声そのものが違います。
ここは重要なので当校ホームページのトップページで触れています。
歌い方といってもいろいろあるわけです。

さらに見聞きしているだけでは
どうしても実践という部分で伝わりにくく、
そのように歌ってみたり、発声したりしてみても、
それが出来てるのか出来てないのかの判断は自身では難しいです。

当校のレッスンでは、
その歌唱法を実践できる講師が目の前にいますし、
さらにそこで出来ているのかどうかを判断してもらうことも出来ます。
一人で学ぶには客観的に見てもらう部分でどうしても限界があります。

その他、個々に存在するクセへの対応など
一人では、なかなか気づけないこともレッスンでは可能です。

役に立つかどうか分からない本を1冊買うよりも、
当校の無料体験レッスンに一度来てみて下さい。
興味のある方は是非体験レッスンへ!

2017年4月1日土曜日

よく頂く質問への回答

こんにちは。GM Vocal Academyです。
暖かくなり物事を始めるには最高の季節です。
自分の人生。好きなことをやって生きませんか?

今回は春ということで問い合わせも増えてきたので、
よく頂く質問への回答」について。

Q:声楽教室ではないと書いてありますが、どこがどう違うのですか?

A:当スクールでは現代の音楽にあった歌唱法をレッスンしています。
クラシカルなオペラなど声楽の歌唱法と
現代の音楽では基本的な発声法に類似点があるとしても
歌唱法自体は全く違います。
今現在積極的に活動している講師が、
生きている今の音楽を歌えるレッスンを実施してます。

Q:具体的にどういったレッスンを行っていますか?

A:腹式の呼吸法から始まり、発声練習、リズム練習、滑舌の練習等の
基本トレーニングに加え
プロ用の音楽ソフト、録音機材を導入していますので
擬似レコーディング等を行い、
生徒さんの歌のどこをどう改善すべきかについて
データによる解析なども行っています。
また、当校では楽器,DTMレッスンも要相談で承ってます。

Q:中学生ですが、受講可能ですか?

A:未成年の方は保護者の同意を頂いています。
ちなみに現時点で中学生から40代の方まで、
幅広い層の生徒さんが受講してくださっています。

Q:音楽のジャンルに制限はありますか?

A:ジャンルによる制限はありません。
現代の音楽における歌唱法は、
基本的にジャンルによって変わるものではありません。
その分野の著名のアーティストを参照し、
解析、解説し、レッスンを行っています。

Q:レッスン受講にかかる料金はどういう仕組みですか?

A:当スクールは、コースごとの月額料金以外は頂いていません。
体験レッスンは無料ですし、入会金もありません。
もちろん教材などの購入もありません。

Q:コースの変更などは、どういった手続きが必要ですか?

A:数の変更などは、事前に連絡をいただければ柔軟に対応します。
生徒さんそれぞれの事情は、配慮させていただいてます。
県外から通われている方もいらっしゃいます。

少しでも気になった方は無料の体験レッスンに。
体験レッスンに来て頂ければ、当校の良さがわかっていただけます。

Template Design: © 2007 Envy Inc.