2016年6月24日金曜日

ビブラート

こんにちは。GM Vocal Academyです。
地震、大雨と不安になることが多いですね。
そんなこともあったねと、いつか話せる日が来ます。頑張りましょう!

今回は「ビブラート」について。

歌った時に語尾が揺れる。
現象としては分かりやすいので、ビブラートはボイストレーニングではよく扱われるテーマです。
しかし、ただ語尾を揺らすだけでは、表面的にビブラートのようなものになるだけであり、
歌唱技術としての意味はありません。

よく聞くビブラートの練習法...

1.頷きや相づちのように首を振る。
2.全音、半音などで音程を上下させる。
3.横隔膜を揺らす。
4.腰を揺らす。
など
全て間違いです。これらの動作が伴うことはありますが、
これらを直接練習しても本当のビブラートには繋がりません。

本当のビブラートは声にかかる圧を強めたり弱めたりすることで起きる、声の揺らぎ、うねりです。
結果、音程的にも変化が起きますし、倍音にも変化が起きます。
それらが人間の耳で聞いて心地良いと感じるのです。

声を圧縮して扱うことができれば、ビブラートは勝手にかかるとも言えます。
圧縮型の発声はプロが行う発声の大前提です。
本気で歌の上達を目指すなら、基礎からしっかり身につけましょう

どうせ身に付けるなら小手先だけの技術ではなくプロに学ぶ歌唱法を。
一度体験レッスンに来て頂ければお分かりいただけます。

2016年6月17日金曜日

理論と実践

こんにちは。GM Vocal Academyです!
いつの間にか梅雨入りしていましたね。もう沖縄は梅雨明けしたそうです。
本格的な夏が始まりますよ!

今回は「理論と実践」について。

ボイストレーニングの理論的な解説は、
ネット上、書籍などなど幅広く掲載されています。
しかし、それを頭に入れたところで歌が上手くなる訳ではありません。
実際歌って評価を受ける歌唱ができるのかどうかが重要です。
正しいかどうか分からないものを学んだ気になって、
自己満足で終わってもあまり意味はありません。

色んなところで歌唱の理論的な解説が行われていますが、
文章だけで理解するのはなかなか難しいものです。
最近は動画で講座等をあげている方もいますが、
中には間違っているものも多数あるのが難点です。
発声の独自理論だけで、実際の歌唱と結びついていないものも多いです。

歌唱力を上げたいなら、一度当校の体験レッスンに来てみて下さい。
当校のレッスンでは理論をその場で実践し、
どのように歌唱に生かすか解説しています。
活躍する一流のプロのアーティストの映像、音源などを近い例として参照し、
どういった歌唱法で歌っているのか、歌を交えてその場で解説します。
この辺はパソコンをレッスンに用いている強みでもあります。

当校の代表講師は、第一線で歌ってきたプロです。
物足りなさは絶対に感じさせません。お約束できます。
この夏、貴方の歌をレベルアップさせましょう。まずは気軽に体験レッスンに!

2016年6月3日金曜日

楽器習得による基盤作成

こんにちは。GM Vocal Academyです!
夏と共に梅雨の雰囲気も感じるようになってきました。
今年の夏はどう過ごしますか?後悔のないように!

今回は「楽器習得による基盤作成」について。

当校では、将来的に楽器を使うかどうかに関わらず、
楽器の習得を生徒の皆様に勧めています。

楽器を弾ける様になると、1曲1曲に対する理解が深まり、
それが自身の音楽の基盤となるからです。
基盤がブレブレな音楽より、しっかりしていたほうが人に強く伝わります。
曲も歌詞もそれは一緒です。

新しい曲を習得するときも、基盤があることにより、
「あの曲のテンポよりこのぐらい速い...」
と考えることが出来るようになります。
絶対音感の無い人は、当然相対的に考える必要があるため、
基盤が必要不可欠です。
自信のある曲を1曲ずつ増やして行き、
自身の中に基盤を作って行きましょう。

当校の講師は全員何らかの楽器経験者。
代表講師はメジャーでベーシストとしても活動していましたし、
ギター弾き語りのライブなども現在進行形で行っています。
楽器のレッスンも請け負っています。お気軽にお問い合わせください。

Template Design: © 2007 Envy Inc.