2016年8月5日金曜日

言語に頼らない発声法

こんにちは。GM Vocal Academyです!
ところによっては38℃を越える予想も出ているそうです。夏真っ盛りですね。
今しか出来ないことを楽しんで、悔いのないように!

今回は「言語に頼らない発声法」について。

人間の場合、習得した言語(国)によって発声自体が変わります。
その中でも日本語は、胸部分に力が入る胸式呼吸で発声する人が多いです。
英語の場合ほとんどは下腹部に力が入る腹式呼吸で発音してます。
その他の言語はあまり研究してませんが、
多分スペイン語、イタリア語なども腹式が多いようです。

腹式呼吸は歌唱の基本です。
では、英語で話す人は腹式なので、みんな歌がうまいのか?というと、
もちろんそんなことはありません。
歌が下手なアメリカ人、イギリス人などは、歌う時には胸式になってしまうからです。
(イギリス人の方が胸式の比率は多いように思います。)
胸式になる原因として、音程を喉でとった後に発声するからです。
そこは日本人も同じです。

日本人は日本語が胸式のため、
日本語の発声が腹式の発声を邪魔してるケースが多々あります。
しかし、赤ん坊から幼稚園児くらいまでは腹式の発声です。
つまり、アメリカのbabyも日本の赤ちゃんも同じように泣いてます。
まだ言語がない、もしくは習得できてない状態だと腹式になっているのです。
その理論を裏付けるように、動物は全て腹式で鳴き声を出しています。

言語に頼らない自然な発声法が出来れば、歌唱に適したよく通る声が出せます。
赤ん坊の時には誰もが出来ていた発声。今出来ない事はありえません。
言語に頼らない発声を意識して歌う様、心がけましょう!

2016年7月15日金曜日

3連を意識する

こんにちは。GM Vocal Academyです!
夏の甲子園の地方大会も順次行われていますね!
悔いのないように、全力で目の前の課題に取り組んでいきましょう!

今回は「3連を意識する」について。

なかなか理解して歌唱している方を見かけないので、
この記事は定期的に書いていきます。

リズム感を語る上で欠かせないのが、3連を意識する事です。
もちろん3拍という単純な話ではなりません。
具体的な例えを出すと、ブルースハープは3連の塊といえる音楽です。
ドラムのフィルや、大体のギターソロ等も3連です。
音楽をやっている方ならこれらの共通点が伝わると思います。
人間の体にしみこむようなリズムは3連的要素が働いています。

3連的な感覚は譜面に記すようなものではなく、
4の中に3を乗せて曲を立体的にしていく、
4で演奏していても体では常に3が流れてる、
といった風に感覚で捕らえる事が大事、
むしろ感覚で捕らえないと意味が無いことです。

体の中に4連と3連の二つのリズムを共存させるには、
普段から二つの感覚を意識する必要があります。
ただ歩くにしてもリズムを感じながら歩き、
さらに足が4ビートなら手で3連を叩きながら歩く、さらに逆の手で8部を入れる...
とにかく普段からリズムに対して、3連に対する意識が必要です。
歌を歌ってない時間、楽器を持ってない時間でも
常に意識することが上達への近道です。

プロは3連よりもっと細かいリズムを刻んでいますが、まずは3連から。
うわっつらの音楽ではなく、貴方の歌を根の部分からしっかりとしたものにしませんか?
貴方の歌を確実に上達させる自信があります。是非1度体験レッスンに。

2016年7月1日金曜日

リズムで歌う

こんにちは。GM Vocal Academyです!
7月。あっという間に1年の半分が終わってしまいました。
2016年も折り返し。自分の夢に向け進んでいきましょう!

今回は「リズムで歌う」事について。

カラオケを歌う際にガイドメロディが流れますが、
あの音を全て信じきるのは大変危険です。
もちろん音程をあわせるためのサポートとしては問題ないのですが、
あのタイミングに合わせて音を出そうとすると、リズムが単調になってしまいます。

例えば童謡にはリズムが単調なものが多いです。
チューリップなど、首を上から下に動かしながら歌うイメージがあるものは、
「リズムが単調」の意味が伝わりやすいかと思います。
現代の音楽を童謡のように歌うのは、もちろんかっこ悪いです。

プロはリズムを取る際、意識してか、自然にかは人それぞれありますが、
かなり細かい区切りでリズムを刻んでいます。
「プロはリズムで歌い、ビギナーはメロディで歌う」といいます。
単調ではなく、細かいリズムを刻めるよう意識していきましょう。

百聞は一見にしかず。当校に来て頂ければ目の前でプロの歌い方を実践できます。
音楽の世界で本気で生きたい人は是非当校の体験レッスンに!

2016年6月24日金曜日

ビブラート

こんにちは。GM Vocal Academyです。
地震、大雨と不安になることが多いですね。
そんなこともあったねと、いつか話せる日が来ます。頑張りましょう!

今回は「ビブラート」について。

歌った時に語尾が揺れる。
現象としては分かりやすいので、ビブラートはボイストレーニングではよく扱われるテーマです。
しかし、ただ語尾を揺らすだけでは、表面的にビブラートのようなものになるだけであり、
歌唱技術としての意味はありません。

よく聞くビブラートの練習法...

1.頷きや相づちのように首を振る。
2.全音、半音などで音程を上下させる。
3.横隔膜を揺らす。
4.腰を揺らす。
など
全て間違いです。これらの動作が伴うことはありますが、
これらを直接練習しても本当のビブラートには繋がりません。

本当のビブラートは声にかかる圧を強めたり弱めたりすることで起きる、声の揺らぎ、うねりです。
結果、音程的にも変化が起きますし、倍音にも変化が起きます。
それらが人間の耳で聞いて心地良いと感じるのです。

声を圧縮して扱うことができれば、ビブラートは勝手にかかるとも言えます。
圧縮型の発声はプロが行う発声の大前提です。
本気で歌の上達を目指すなら、基礎からしっかり身につけましょう

どうせ身に付けるなら小手先だけの技術ではなくプロに学ぶ歌唱法を。
一度体験レッスンに来て頂ければお分かりいただけます。

2016年6月17日金曜日

理論と実践

こんにちは。GM Vocal Academyです!
いつの間にか梅雨入りしていましたね。もう沖縄は梅雨明けしたそうです。
本格的な夏が始まりますよ!

今回は「理論と実践」について。

ボイストレーニングの理論的な解説は、
ネット上、書籍などなど幅広く掲載されています。
しかし、それを頭に入れたところで歌が上手くなる訳ではありません。
実際歌って評価を受ける歌唱ができるのかどうかが重要です。
正しいかどうか分からないものを学んだ気になって、
自己満足で終わってもあまり意味はありません。

色んなところで歌唱の理論的な解説が行われていますが、
文章だけで理解するのはなかなか難しいものです。
最近は動画で講座等をあげている方もいますが、
中には間違っているものも多数あるのが難点です。
発声の独自理論だけで、実際の歌唱と結びついていないものも多いです。

歌唱力を上げたいなら、一度当校の体験レッスンに来てみて下さい。
当校のレッスンでは理論をその場で実践し、
どのように歌唱に生かすか解説しています。
活躍する一流のプロのアーティストの映像、音源などを近い例として参照し、
どういった歌唱法で歌っているのか、歌を交えてその場で解説します。
この辺はパソコンをレッスンに用いている強みでもあります。

当校の代表講師は、第一線で歌ってきたプロです。
物足りなさは絶対に感じさせません。お約束できます。
この夏、貴方の歌をレベルアップさせましょう。まずは気軽に体験レッスンに!

2016年6月3日金曜日

楽器習得による基盤作成

こんにちは。GM Vocal Academyです!
夏と共に梅雨の雰囲気も感じるようになってきました。
今年の夏はどう過ごしますか?後悔のないように!

今回は「楽器習得による基盤作成」について。

当校では、将来的に楽器を使うかどうかに関わらず、
楽器の習得を生徒の皆様に勧めています。

楽器を弾ける様になると、1曲1曲に対する理解が深まり、
それが自身の音楽の基盤となるからです。
基盤がブレブレな音楽より、しっかりしていたほうが人に強く伝わります。
曲も歌詞もそれは一緒です。

新しい曲を習得するときも、基盤があることにより、
「あの曲のテンポよりこのぐらい速い...」
と考えることが出来るようになります。
絶対音感の無い人は、当然相対的に考える必要があるため、
基盤が必要不可欠です。
自信のある曲を1曲ずつ増やして行き、
自身の中に基盤を作って行きましょう。

当校の講師は全員何らかの楽器経験者。
代表講師はメジャーでベーシストとしても活動していましたし、
ギター弾き語りのライブなども現在進行形で行っています。
楽器のレッスンも請け負っています。お気軽にお問い合わせください。

2016年5月20日金曜日

音の扱い方

こんにちは。GM Vocal Academyです!
今日は夏を訪れを感じさせる暖かい日でしたね。
青空のように大きく広がる未来に向け、頑張っていきましょう!

今回は「音の扱い方」について。

音の扱い方が下手な人は、口先で音を扱いがちです。
言葉の扱いが口先だけになると、非常に不器用な印象を受ける歌になります。
日本人が話す、流暢でない英語をイメージすると分かりやすいかもしれません。

実際、歌の下手な人の歌とプロの歌を聞き比べると、
音の発生している場所、さらにそれを扱っている場所の違いを聞き取れます。
プロは口の奥の部分で発声し、音を扱っていることが聞き取れると思います。

もっと細かく言うと歌の上手い人は、
破裂音、息、舌の動き、圧縮具合などで発音し、言葉にします。
音程の変化、メロの間の息のはさみ方、ビブラートなどは仮声帯を利用して歌います。
これは別に意識して使ってわけではなく、その方が歌いやすいだけです。

多くの人から評価される歌にはちゃんとした理由があります。
歌い手が無意識だとしても、重要な点がしっかり抑えられているのです。

誰の歌でも少しのコツを抑えるだけで、グッとよくなる可能性を秘めています。
プロの歌唱法を学びたい方は、是非一度体験レッスンに!

2016年5月13日金曜日

発声における声楽型と圧縮型

こんにちは。GM Vocal Academyです!
しばらく祝日も無いですね。日々の鍛錬に励んでいきましょう!

今回は「発声における声楽型と圧縮型」について。

ボイストレーニングで習得できる発声法には、
大きく分けて声楽型と圧縮型の二つがあります。

声楽型とはオペラのような喉を開いた輪郭の大きい声の出し方です。
あくびのように喉を開いて歌うイメージです。
しかし、ロックやソウル、ポップスのような現代の音楽は
声楽型ではなく、圧縮型の発声法で歌われています。

圧縮型は声を仮声帯で圧をかけ、圧縮して声を出します。
仮声帯(かせいたい)とは声帯の上の、
息の通りに圧をかけたり緩めたりする場所です。

圧縮型で発声すると声楽型と違い、エッジの効いた鋭い声になります。
さらに息をまぜていけると柔らかい発声も可能です。
ファルセットも仮声帯で圧縮しないとママさんコーラスのような、
うわずったしまりの無い声になってしまいます。

ただ突き詰めると声楽型と圧縮型、どちらも基本は同じです。
どちらも自然な声の出し方であることに変わりありません。
ただ、例外はありますが、現代の音楽は圧縮型発声法で歌われている曲がほとんどです。

貴方に適した歌唱法をレッスンします。
現代の音楽で生きる歌唱法を学びたいのであれば是非当校へ!

GM Vocal Academy福岡天神校 公式HP

2016年5月6日金曜日

日本語の母音、子音の扱い方

こんにちは。GM Vocal Academyです。
吹く風も少し夏めいてきましたね。
何かを始めるにはいいタイミング。言い訳せずに行動していきましょう!

今回は「日本語の母音、子音の扱い方」について。

日本語においての歌唱のコツを細かく解説します。
日本語での歌唱は、そのまま発声すると喉っぽい発声になりがちです。
少しの工夫で喉っぽさは解消することができますが、
その際、母音と子音で多少扱いが変わります。

喉っぽさの解消は、声を出す前のタメで解消することが出来ます。
母音から始まる場合は手前にン、フン、イなどを付けます。
子音がつく場合は子音の部分が息になります。

例えば「かきくけこ」だとしたら ク(息で)とアで「か」 クとイで「き」など。
子音と母音はしっかり分けて発声します。
「まみむめも」「なにぬねの」「わ」はンが付き、「やゆよ」はイが付きます。
文字で書くと伝わりにくいかもしれませんが、
基本、全て息から歌います。

息から出す事によって、自然と腹式になったり、声が奥の方で鳴ったりしてくるので
その感覚を実感できるとよいと思います。

ただ歌うだけでは決して心を引く歌は歌えません。
貴方の歌を貴方の目指す歌声に近づけます。まずは無料体験レッスンへ。

2016年4月8日金曜日

3連的感覚

こんにちは。GM Vocal Academyです!
綺麗に咲いてた桜の花も散ってしまいましたね。

今回は「3連的感覚」について。

プロなら絶対に知っているか、無意識で習得している、
3連的感覚というものがあります。
感覚なので捕らえるのは難しいですが、
リズム感の要ですのでなんとなくでも頭の中に入れておいてください。
もちろん3拍という単純な話ではありません。

例えを出すと、
ブルースハープなんて3連的感覚の塊といえる物ですし、
ドラムのフィルや、大体のギターソロ等も3連です
音楽をやっている方ならこれらの共通点が伝わると思います。
ヴォーカルもオリジナリティ強めのところは3連が顕著です。
グルーブというのも3連を含んでいるものですね。

もちろんこれは譜面に記すようなものではなく、
4の中に3を乗せて曲を立体的にしていく、
4で演奏していても体では常に3が流れてる、
といった風に感覚で捕らえる事が大事、
むしろ感覚で捕らえないと意味が無いことです。

プロが当たり前のようにやっていることを分析し、
それを講師がその場で実践し、どのような練習が必要か解説していく。
当校の講師にはそれが出来ます!
ご興味を持たれた方は是非無料体験レッスンへ!

2016年3月25日金曜日

発声の際に意識する点

こんにちは。GM Vocal Academyです!
あっという間に3月も終わりですね。新年の計画通り進んでいますか?
貴方がこの春、良いスタートを切れるように祈っています。

今回は「発声の際に意識する点」について。

無意識で正しい発声が出来る方もいますが、
それが出来ないうちは意識してポイントを抑えておきましょう。

腹式呼吸を用いて、しっかりと深い呼吸が出来るようになったら、
発声する際には腹式呼吸の上に声をのせることを意識します。

発声に慣れてない状態で声を出そうとすると、
最初に音程を喉で探ってから出す傾向にありますが、
これはしょうがありません。
なかなか声がでなければ何も考えずにただただ大きい声からでよいと思います。

声が出てきたらさらに意識すべきのは、「まず息を先に出す」という点です。
アーと出すなら先に小さいフンがある感じ。
難しければ、先に鼻息でフンもありです。

声を出そうとした瞬間にアーを言い始めるとどうしても喉で引っ張ってしまいます。
アーという言葉の前にまず息です。

上手い人は必ず息から入ってるので、皆さんの好きなアーティストなどの
音源を聞いて、息の部分に注目するとわかりやすいと思います。

素晴らしい曲が素晴らしく聞こえるのには理由があります。
貴方の歌も素晴らしい歌にきっとなります!お気軽にお問い合わせを。

2016年3月18日金曜日

当校でのビギナーとプロ科でのレッスンの違い

こんにちは。GM Vocal Academyです!
日の光、雲のようすには春らしさが感じられ、心までうきたつ思いがいたします。

今回は「当校でのビギナープロ科でのレッスンの違い」について。

当校のHPのコース紹介でもありますように、
当校ではビギナー思考の方と、プロ思考の方でコースを分けています。
これはプロになりたいかアマチュアで歌っていたいだけなのか、
その他、生徒さんがレッスンを受けたい目的はさまざまなので
こういった形をとっています。

しかし、歌がうまくなりたいと思ってるのは皆同じです。
当校では、歌がうまくなるということは、
プロ(上手い人)がやってることに近づけることだと考えます。
向かう先は一緒なのです。

なのでビギナーもプロ科も料金は同価格で設定しています。
当然個人のレベルに合わせて内容は変えてあり、
プロになりたい人には楽器の習得や作詞・作曲のチャレンジを薦めていますし、
サポートも行ってます。CD制作、デモ音源制作も可能です。
関係者や他の生徒さんが行っているイベントへの紹介も行っています。

生徒さんそれぞれの音楽に対する姿勢は様々ですが、
その全てに柔軟に対応させていただきます。
日本の音楽レベル全体の底上げをしたいと本気で考えています。
少しでも興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

2016年3月11日金曜日

間違ったビブラート

こんにちは。GM Vocal Academyです。
震災から5年が経ちました。まだまだ爪痕は大きいようです。
一刻も早く元以上の生活が出来るようになることを願っています。

今回は「間違ったビブラート」について。

歌に詳しくなくても、ビブラートという単語を知ってる方は多いと思います。
歌う際に語尾を揺らす。認識としてはそんな感じでしょうか。

しかし、語尾をただ揺らすだけの、上っ面のビブラートには余り意味はありません。
音がゆれているだけで、聞いていて心地のよいものではないからです。

ビブラートについて調べたことがある方は、
いろんな練習方法を見聞きしたことがあるかと思います。
しかし誤った練習法を多々見かけます。

1.頷きや相づちのように首を振る。
2.全音、半音などで音程を上下させる。
3.横隔膜を揺らす。
4.腰を揺らす。
など...

これらは全て間違いです。
1~4などの動作が伴うことはありますが、
これが主になってしまうと、ただ声を揺らすだけになってしまい、
表面的にビブラートのようなものになるだけです。

詳しい練習方法はありますが、まずは、声を圧縮して扱えることが大前提となります。
ビブラートは、声にかかる圧を強めたり弱めたりすることで起きる声の揺らぎ、うねりです。
結果、音程的にも倍音にも変化が起きます。
その変化を聞いていて、心地の良いと感じるものが本当のビブラートなのです。
声を圧縮して扱うことにより勝手にかかるものだとも言えます。

百聞は一見にしかず。本気で自分の歌を成長させたいと考えるなら、
当校の体験レッスンにお越しください。貴方の歌の確実なレベルアップをお約束します。

2016年1月22日金曜日

DTMコース

こんにちは!GM Vocal Academyです。
寒い日が連日続いていますが、週末は何十年に一度の寒波がやってくるそうです。
食糧の備蓄などし、無理はしないように!

今回は「DTMコース」について。

当GM Vocal Academyでは、DTMを学ぶサウンドクリエイターコースを新設いたしました。

一応簡単に解説をしておきます。
DTMとは「デスクトップミュージック」の略で、
パソコンを使って音楽を作ること全般をDTMと呼びます。

今はパソコンの高性能化が進み、DTM関連の機材やソフトも進化しており、
使用する機材や技術次第では、
生演奏とほどんと聞きわけが出来ないレベルに仕上げることも可能です。

しかし、音楽を一曲作るというのはいろいろな楽器知識が必要です。
DTMは基本的にひとりで行いますので、勉強すべきことがたくさんあります。
そうやってソフトだけ購入したものの、特に形に出来ず挫折するも多いと聞きます。

そういったDTM初心者の方はもちろん、
オリジナルの楽曲を作ってみたけどアドバイスが欲しい方、
本格的にサウンドクリエイターを目指したい方などでも募集中です。
是非一度体験レッスン等、お問い合わせを頂けたらと思います。

当スクールでは貴方の希望に柔軟に答えます。
DTMとボイトレレッスンの同時受講なども可能です(要相談)
貴方の作りたい音楽を形にしましょう!
Template Design: © 2007 Envy Inc.